So-net無料ブログ作成

胸がラムラムしちゃう、酸っぱい誘惑。 [日常]

IMG_6349.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。僕の好きなラムネのもう一つの黒い顔がこちらです。まさに、ブラックデビル、赤い悪魔。病みつきになる感がハンパない。40歳を超えて尚、電車の中や駅のホーム、会社から帰る道すがら、とにかくこいつを食べてます。そして噛み砕いてます、粉々に粉砕、意味被ってますけど。これのすごいところは、コーラだけでなく、レモンを入れたところなんですよね。これ絶対そうだと思います。レモンって、タブレットの代名詞というか、こういうお菓子でハズレがないじゃないですか。それでいてビタミンCがそこそこしか入ってなくても「C」感は強烈です。実際キャベツの方がビタミンC多いらしいですからね。でも、レモン。すごいユーティリティープレイヤーなんですよね、レモンが。響も可愛いし、色も鮮やか、強いですよ。

そして、言わずもがなのコーラですよね。門外不出のレシピなのに、コーラ味ってできちゃうんだというか、コカ・コーラのレシピですよねそう言えばクローズドなのは。ジョルトコーラ覚えてますか?ビートたけしさんがCMしていた[×]?2倍のコーラです。何が2倍だったですかね、カフェインだったかな確か。当時は量が2倍の方が嬉しかったですね、そんなコーラありませんでしたがね。ラムネだけど、コーラ味でレモン味という不思議な食べ物。じゃあ、ラムネ味ってのは何の味なんだ!?なんて野暮なツッコミはお辞め遊ばせ。だって美味しいですから、これ本当ですよ。しかも、ぶどう糖たっぷりというか、ぶどう糖の塊なので、頭にエネルギーも注入されます。素晴らしいですね。ビジネスマンだったら会議やプレゼンのお供にもうってつけです。森永さん万歳!

新しいビジネスパートナー。ラムネ。古いかな(笑)

nice!(1) 
共通テーマ:旅行

涙は二つの場所から流せるなんて、贅沢だ。 [涙活]

IMG_6527.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。先日、第四回泣き唄&泣語LIVEが終演いたしました。お越し下さった皆さま誠にありがとうございます。今回は実に初回ぶりにメンバー三人が揃いました(笑)。松本さんは日々全国を飛び回っているし、太陽兄さんはメディアの仕事や収録、イベントで昼夜を問わずだし、僕は娘のオシメを替えるマシーンだしw中々三人が揃って打ち合わせもままならないのですが、LINEさんというテクノロジーに助けられて無事に本番を迎えることができました。あ、あと今回から「涙活事務局」が立ち上がりまして、その事務局長にも大変サポートいただいたのが大きかったです。

さて、お陰様で予約の段階で40名を超えるお申し込みをいただきまして、セロトニン道場の床が抜けて「同情」するんじゃないか…え〜コホン。とにかく、かなりパンパンの状態でヤバいんじゃないかなと、出演者一同ハラハラしておりました。セロトニン道場は40人はMAXギリギリガールズの人数なので、あボーイズもいていいんですけど、人数が多いとお客様は緊張するし、特に体の距離が近くなるほど「泣く」状態とはほど遠くなりますからね。やっぱり適度な距離感があるパーソナルスペースを保てる内容でぜひ、聴いて頂きたいと思っています。あと、クローズドの空間は大事ですね。集中できるという。

僕の今回のネタは2つ。途中に落語の一節を交えて、緊張と緩和の波を作ろうと努めました。一話はアレンジして「主人公が酩酊している」というステータスを付け加えたのですが、果たしてそこにお客様は面白味を感じてくれたか…。落語の所作で勉強したことを、泣語に取り入れていく。うまく融合していくことで、この先の道が見えてくると信じています。まあ、砂利道かもしれないですが。いや獣道か?罠が欲しいな、ワナワナ、興奮。今回、終了後にお二人の方にお声がけいただいて嬉しかったですね。嬉しすぎてお一人の女性を女流泣語家の第一号にどすか!?と聞いちゃいましたよ!フラれましたけど。。。

そんなこんなで、わちゃわちゃな会でした。今回は、寺Pをはじめ、福島涙活の猪狩さんや、元 泣石家芭蕉さんも来てくれて嬉しかったです、ありがとうございます!
IMG_6504.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

路地中の一軒家で聞いた噺が、バカに面白い。 [涙活]

IMG_6564.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。先日、神楽坂のヨシダノイエにて、食事付き落語会を鑑賞して来ました。ヨシダノイエは、友達の吉田くんの家じゃありません、知る人ぞ知る料理屋です。もちろんオーナーは吉田さん。夫婦で切り盛りするアットホームな空間なので、ぜひお立ち寄りください。さて、そんなヨシダノイエの落語会、間接照明の灯る穏やかな空間に高座が作られ、いつもとは違う雰囲気の中始まりました。司会を務めるのは、この会の発起人「海老澤さん」。元々は美術館で働いていた経歴を持ち、芸能に興味があるそう。柳家吉緑さんとご友人だそうで、この会を思いついて始めたとのことでした。持つべきものは友達ですな、素敵なお話です。のっけから演者そっちのけで記念撮影がスタートしたのもご愛嬌。着物も流石の着こなしでした。

さて登場するのは、前座の金原亭の々香さんと二つ目の柳家吉緑さん。開口一番、の々香さんが「牛ほめ」を披露。穴が隠れて屁の用心になります、うん、災害の多い最近にぴったりのネタでございやすな。凛とした話し方がとても素敵なの々香さんでございました。続いて、二つ目吉緑さんが高座に上がります。酒好き親子の酔っ払いやりとりが超面白い!メモをトリトリ、聞き惚れます。続けて怖い話…「死神」。おせーてやろうか…テケレッツノパ!印象的なセリフが目白押しのネタです。サゲはロウソクを付け替えられずバタリと死んでしまって灯りが消えるバージョン。死神のサゲはいくつもバリエーションがあるので、その都度楽しめますね。高座が終わったら演者を囲んでの宴会の開始です。落語好きも初めての方も入り乱れて、盛り上がりました。

知る人ぞ知る、ヨシダノイエの落語会。ぜひ一度覗きに来てください。
https://r.gnavi.co.jp/4xky64vd0000/
nice!(0) 
共通テーマ:旅行